お役立ち情報

旧5000円札の価値と価格相場を紹介!プレミア価格になる条件も

旧5000円札

今日までに、全部で2種類の旧5,000円札が発行されています。
本記事では、そんな旧5,000円札の価値について紹介していきます。
旧5,000円札が額面以上の価値があるのか知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

旧5,000円札は全部で2種類

旧5000円札 種類
旧5,000円札は、現時点では以下の2種類が存在します。

  • C号券(聖徳太子)
  • D号券(新渡戸稲造)

旧5,000円札の種類によって価値が変わるため、しっかり確認しておきましょう。
ちなみに、現在は小説家の樋口一葉が肖像画となっている5,000円札が使われていますが、2024年に教育者の津田梅子を肖像画とした新しい5,000円札が改刷されます。
そうなれば、旧5,000円札は現在の5,000円札と合わせて「3種類」となります。

旧5,000円札は今でも使える

先ほど紹介した全2種類の旧5,000円札は、現在でも問題なく使えます。
コンビニで好きなものを購入できますし、銀行で両替することも可能です。
少し破れていたり状態が悪かったりする旧5,000円札は額面以上の価値を見出すことが非常に難しいため、5,000円札として使用することをおすすめします。

旧5,000円札の価値

札 小銭
全2種類の旧5,000円札は、結論から言うとそこまで価値はありません。
なぜなら、製造数が多く、希少性があまりないからです。
では、具体的に旧5,000円札にどのくらい価値があるのか、見ていきましょう。

旧5,000円札「C号券(聖徳太子)」の価値

情報
発行時期・・・  1957年~1986年
相場・・・  額面
価値レベル・・・  ★☆☆☆☆

C号券は、昭和32年に発行された政府紙幣です。
表面には聖徳太子の肖像画が、裏面は2頭の獅子が描かれている特徴があります。表面の聖徳太子にちなんで、「聖徳太子5,000円札」と呼ばれています。
そんな旧5,000円札「C号券」の希少価値は低く、価格相場も額面となっています。一部美品の旧5,000円札が6,000円程度で取引されていますが、取引例は非常に少ないです。
素直に額面の価値で旧5,000円札を使うことをおすすめします。
ちなみに、C号券は日本初の5,000円札で、当時はまだ一万円札がなかったため、発行時点では最高額面の紙幣です。

旧5,000円札「D号券(新渡戸稲造)」の価値

情報
発行時期・・・  984年~2007年
相場・・・  額面
価値レベル・・・  ★☆☆☆☆

D号券は、偽札が見かけ始めたことをきっかけに、昭和32年に発行された政府紙幣です。
通称「新渡戸稲造5,000円札」と呼ばれていて、前代の旧5,000円札よりサイズが少し小さくなり、表面の肖像画が新渡戸稲造に変更されています。裏面には、逆さ富士が描かれています。
この旧5,000円札も、C号券と同様に希少価値が低いため、価格相場も額面となっています。普段の買い物などで5,000円札として使用する方がいいでしょう。

額面以上になる旧5,000円札もある

旧札聖徳太子
現時点で2種類ある旧5,000円は、額面以上の価値がないことが明らかになりました。
しかし、条件を満たしている旧5,000円札であれば、額面より数十倍以上の価値を見出すことが可能です。
今持っている旧5,000円札が条件に当てはまっているのか、ここで確認しましょう。

製造ミスをしている

印刷のズレやカット漏れといった製造ミスをしている旧5,000円札は、元の数が少ないため、希少価値が非常に高いです。
このような製造ミスをしている紙幣のことを、「エラー紙幣」といいます。
旧5,000円札を含む紙幣の代表的な製造ミスは、主に以下の3つあります。

意味 価値
聖徳太子 新渡戸稲造
福耳 カットミスで紙幣の端に余計な紙がくっついてる紙幣のこと。 7万前後
裁断ズレ 図柄がズレて印刷されている紙幣のこと。ズレているほど価値が上がります。 2万前後

上記の表から、エラー紙幣となっている旧5,000円札は、額面以上に価値になることが分かります。価値としては、旧5,000円札の2種類とも同じくらいです。
エラー紙幣は目で見ればすぐに気付けるほど違いがあるため、他の旧5,000円札とは違うと思った場合は、買取業者などで査定してもらいましょう。

記番号に希少性がある

エラー紙幣だけでなく、記番号が珍しい場合でも旧5,000円札の価値は高くなります。
希少性の高い記番号は、具体的に以下の3つが挙げられます。

意味 価値
聖徳太子 新渡戸稲造
ぞろ目 「111111」など、記番号の数字がぞろ目になっている紙幣のこと。 7万円前後 1万円前後
珍番 「100000」や「123456」など、記番号の数字のキリが良かったり法則性があったりする紙幣のこと。 5万円前後 1万円前後
A-A券 記番号がA一桁で始まってAで終わっている紙幣のこと。Zの場合も同様に価値があります。 6万円前後 1万円前後

上記の表から、記番号に希少性がある記番号は額面より、新渡戸稲造の場合だと約2倍、聖徳太子の場合だと約10倍もの価値があることが分かります。
旧5,000円札の見た目だけでなく、記番号も見逃さず確認しておきましょう。
ちなみに、A-A券と呼ばれる記番号はAやZだけで、それ以外のアルファベットは「サンドイッチ番号」と呼ばれています。こちらも一応額面以上の価値はありますが、A-A券ほどではありません。

旧5,000円札が帯付きの状態

帯付き、つまり新品未使用の旧5,000円札が100枚束の旧5,000円札は、数がほとんどないため、希少価値は非常に高いです。
その価値はなんと50万円前後となり、エラー紙幣や希少性のある記番号が見つかった場合、さらに価値は高くなります。
ただ、買取業者によっては額面の価値を提示する場合もあるため、複数の買取業者で査定してもらうことをおすすめします。
ちなみに、帯付きの旧5,000円札をバラバラにしてしまうと一気に価値は低くなります。束を崩さないように、慎重に扱いましょう。

旧5,000円札を高く売るポイント

旧札
これまでの内容で、今持っている旧5,000円札に価値があるかどうかが判明したはずです。
もし価値のある旧5,000円札であった場合は、ここで紹介するポイントを確認しましょう。
ポイントを押さえることで、高く売れる可能性が上がります。

状態を保つ

旧5,000円札を高く売るうえで重要なのは、今の状態を保つことです。状態を保つことで、旧5,000円札の劣化を防ぎ、価値が下がりにくくなります。
旧5,000円札の状態を保つ方法としては、専用のケースに保管する方法がおすすめです。劣化の原因となる日焼けや酸化から旧5,000円札を守ってくれます。また、持ち運んでいるときに折れ目が入る可能性も低くなります。
また、旧5,000円札を新品同様に戻すのは不可能です。汚れを取ろうと安易に洗剤や消しゴムでこすっても、かえって価値が下がる危険性があります。
そのため、状態の維持だけを考えるようにしましょう。コレクターによっては、奇麗な旧5,000円札より年季の入った旧5,000円札の方に価値を見出す場合もあります。

正確な価値を把握する

旧5,000円札を高く売るためには、正確な価値を把握するのも忘れてはいけません。
どれだけ価値の高い旧5,000円札を持っていても、正確な価値が分からなければ、目先の利益に目を奪われて安く売ってしまう危険性があるからです。
所持している旧5,000円札の価値を正確に把握するには、買取業者に査定してもらうのが手っ取り早くておすすめです。最近であれば写真を送って査定してもらえるサービスを導入している買取業者もあるため、そこまで手間もかかりません。
また、買取業者で査定価格に満足できれば、そのまま現金に変換できるメリットもあります。
ただし、旧5,000円札の査定は、必ず実績のある買取業者にしてもらいましょう。
旧5,000円札の査定は非常に難しく、実績のない買取業者には荷が重いです。そのため、旧5,000円札の査定実績がある買取業者に査定を依頼して、正確な価値を把握しましょう。

まとめ

今回は、旧5,000円札の価値について紹介しました。
旧5,000円札は全部で2種類あるものの、両方額面以上の価値はつきにくいです。
しかし、エラー紙幣や記番号に希少性があれば、旧5,000円札でも額面以上の価値となり、高値で取引されます。
本記事の内容で所持している旧5,000円札に価値があるのかを確認したうえで、ポイントを押さえつつ高く売りましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る