お役立ち情報

東京オリンピック記念硬貨の100円に価値はある?価格相場と高く売るコツ

オリンピック記念硬貨とは?

オリンピックが開催されると、切手や硬貨などの様々な記念日が販売されます。
本記事では、そんな記念品の1つ「東京オリンピック記念硬貨」の100円に価値があるのかをご紹介します。また、価格相場や高く売るコツも解説しています。
東京オリンピック記念硬貨の100円を売りたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

オリンピック記念硬貨とは?

オリンピック記念硬貨
オリンピック記念硬貨とは、オリンピックが開催された記念に発行される硬貨のことで、世界各地で作られています。
日本では、東京オリンピックはもちろん、長野オリンピックや札幌オリンピックといった冬季オリンピックでも記念硬貨が発行されました。
オリンピック記念硬貨は、100円玉から1万円玉まで様々です。さらに、銀貨や金貨など素材にも違いがあります。
発行枚数が決まっていることもあり、価値の高いオリンピック記念硬貨は少なめです。

東京オリンピック記念硬貨の100円は今でも使える

東京オリンピック記念硬貨の100円は、法律で貨幣だと定めれられているため、100円銀貨でも通常の100円と同じように使うことができます。
ただし、東京オリンピック記念硬貨の100円は、普通の100円と比べて形状や素材が違います。コンビニやファミレスなどでは問題ないですが、自動販売機だと使えない場合もありま1-1. 東京オリンピック記念硬貨の100円は2種類ある

東京オリンピック記念硬貨の100円は、全部で以下の2種類あります。

  • 1964東京オリンピック記念100円銀貨
  • 2020東京オリンピック記念100円銀貨

2021年に開催される東京オリンピックでも、100円硬貨を発行されていました。
ちなみに、2020東京オリンピック記念100円銀貨はすでに完売しているため、購入するならネットオークションなどを利用するしかありません。
そのため、普通に100円として使いたい場合は、銀行の窓口で取り替えてから利用しましょう。

東京オリンピック記念硬貨の100円の価値と価格相場

オリンピック硬貨
2種類ある東京オリンピック記念硬貨の100円には、額面以上の価値はあるでしょうか。
価格相場を見ながら、確認してみましょう。

1964東京オリンピック記念100円銀貨の価値と価格相場

情報
発行日 1964年
発行枚数 8,000万枚
価格相場 額面
価値 ★☆☆☆☆

1964東京オリンピック記念100円銀貨は、記念硬貨の表面に刻まれた聖火やオリンピックのマークが特徴的で、普通の100円硬貨と大きさがほとんど同じです。
初めて日本でオリンピックが行われたこともあり、100円の記念硬貨の中でも非常に高い人気を誇っています。
ただ、1964東京オリンピック記念100円銀貨は人気が高いだけで、価値はあまり高くありません。なぜなら、1964年に発行した100円を全て記念硬貨として発行したことが原因で、8,000万枚も発行されたためです。
ここまで発行枚数が多いと所持している人も多く、希少価値はほとんどありません。そのため、価格相場も額面となっています。
とはいえ、1964東京オリンピック記念100円銀貨には銀が含まれています。現在銀は100円以上で取引されているため、額面以上の価値になる可能性もあります。
ひとまず買取業者に査定してもらい、額面以上の価値がなければ普通の100円硬貨として利用する流れをおすすめします。
100円硬貨として利用するのがもったいない場合は、大切に保管しておくのも手です。

2020東京オリンピック記念100円銀貨の価値と価格相場

情報
発行日 2020年
発行枚数 各394.8万枚
価格相場 500円~
価値 ★★☆☆☆

2020東京オリンピック記念100円銀貨は、コロナウイルス蔓延の影響でオリンピックが延期されたことで、話題性の高い硬貨として注目されています。
この記念硬貨は一次から四次まで発行され、全部で以下の15種類です。

  • 一次:フェンシング
  • 二次:空手、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィン、ウエイトリフティング、水泳、
  • 三次:アーチェリー、カヌー、自転車競技
  • 四次:サッカー、テニス、バトミントン、ミライトワ

そんな2020東京オリンピック記念100円銀貨は、各種類を約400万枚発行されているため、希少価値はそこまで高くありません。一時期はオークションで非常に価値が高くなっていましたが、現在は価値が下落しています。
ただ、他の記念硬貨と一緒に売ることで、額面以上で取引されているケースがあります。
2020東京オリンピック記念100円銀貨を売るときは、他の記念硬貨もセットにして付加価値をつけるようにしましょう。

東京オリンピック記念硬貨の100円を高く売るコツ

オリンピック記念硬貨
東京オリンピック記念硬貨の100円を高く売るコツは、主に以下の3つです。

  • コインを洗わず今の状態を保つ
  • 付属品も一緒に売る
  • セットで売る

では、順に見ていきましょう。

100円硬貨についている汚れを簡単にとる

コインの価値を決めるのは、「希少性・状態の良さ」の2つです。
希少性はどうすることもできないため、せめて売る前に100円硬貨についている汚れをとって状態を良くしておきましょう。
状態が良ければ良いほど美品として評価され、高く売ることができます。
ただし、100円硬貨についている汚れはサッと簡単にとるようにしましょう。こすったり洗剤で洗ったりすると、かえって傷や汚れがついてしまう恐れがあります。
汚れをとるときは、歯磨き粉を100円硬貨につけて指で優しく洗うようにすると、きれいになって傷もつかないため、おすすめです。

付属品も一緒に売る

東京オリンピック記念硬貨の100円にケースなどの付属品がついていた場合は、付属品も一緒に売りましょう。
付属品をつけることで付加価値がついて、より高い価格で売れる可能性があります。
東京オリンピック記念硬貨の100円を高く売るためにも、一度付属品がないか探してみましょう。

セットで売る

東京オリンピック記念硬貨は、100円硬貨単体で売っても額面以上の価値にすることは難しいです。
そのため、付加価値をつける意味でもセット販売をおすすめします。
セット販売の方法は、以下のようにいくつかあります。

  • 同じ記念硬貨の100円硬貨と500円硬貨を合わせる
  • 一次に販売された100円硬貨を合わせる
  • 他の記念硬貨と合わせる

実際に、ネットオークションで「2020東京オリンピック+パラリンピックの100円・500円セット(四次)」を2,400円で落札されています。100円硬貨は7枚で500円硬貨は2枚での販売だったため、額面以上の価値を出しています。
より貴重なセットであれば、当然価値も上がり高額で売ることができます。
所持している東京オリンピック記念硬貨をセット販売できるか、確認してみましょう。

東京オリンピック記念硬貨の100円は買取業者に売ろう

記念硬貨
東京オリンピック記念硬貨の100円を売る場合は、買取業者の利用をおすすめします。
現在では、ヤフオク!やメルカリなど、様々なネットオークションで売ることができます。
しかし、ネットオークションは適切な価値を見極める必要があったり写真撮影をしたり、売るまでに相当な手間と時間がかかってしまいます。場合によっては、売れ残り続けることもあります。
買取業者を利用すれば、そのような手間と時間はかかりません。しかも査定を無料で行ってくれて、価値があればすぐに換金できます。
ネットオークションで売る場合でも、適切な価値を知るために買取業者に査定してもらってから売った方が、換金できる可能性が高くなります。
まずは一度買取業者に査定をしてもらってから、東京オリンピック記念硬貨の100円を売るかどうか決めてみましょう。

買取業者を選ぶポイント

買取業者を選ぶうえで重要なのが、東京オリンピック記念硬貨を買取した実績があるかを確認することです。
東京オリンピック記念硬貨は種類が多く、状態も見て価格を決める必要があります。セットになると、適切な価値を見極めるのがより難しくなります。
実績のない買取業者に依頼すると査定ミスをされる可能性があり、場合によっては低い価値をつけられてしまう恐れもあります。
買取実績があるということは、東京オリンピック記念硬貨の価値を見極められる人がいる証拠です。
低い価値をつけられて後悔しないためにも、東京オリンピック記念硬貨の買取実績のある業者を選ぶようにしましょう。

東京オリンピック記念硬貨の100円の買取査定は「大判小判」で

大判小判では、東京オリンピック記念硬貨の買取査定を行っております。
100円銀貨はもちろん、他の硬貨も査定させていただきます。
査定料金は無料で、宅配査定や出張査定を利用していただければ、自宅にいながらの買取査定も可能です。
東京オリンピック記念硬貨以外にも、ブランド品や服、さらには壊れたものも買取査定させていただきます。
まずは一度、大判小判にご相談ください。

>大判小判の無料査定はこちらから

 

まとめ

今回は、東京オリンピック記念硬貨の100円に価値があるのかを紹介しました。
東京オリンピック記念硬貨の100円は発行枚数が多いため、価値は低めです。
しかし、付属品やセットで売ることで付加価値がつき、額面以上で売れる可能があります。
本記事を参考にして、東京オリンピック記念硬貨の100円を買取業者に売ってみましょう。
大判小判の利用も、ぜひご検討ください。

>大判小判を利用してみる

 

関連記事

ページ上部へ戻る