お役立ち情報

金の種類はどんなものがある?特徴・純度についてご紹介

インゴット

金にもさまざまな種類のものが存在します。
買取価格にも差が見られるので、高く売りたい方こそ、しっかりポイントを押さえておきましょう。
お手持ちの金は値打ちがあるアイテムかもしれません。
本記事では、金の種類についてご紹介いたします。

金の種類と特徴

ここでは、金の種類についてご紹介いたします。

金 種類 特徴

10K

10Kの金の含有率は42%です。

見た目は18Kと似ている特徴があります。しかし、10Kは爽やかな色味をしているのに対して18Kはあたたかみのある色味をしています。10Kは比較的硬めとなるため、傷がつきにいです。アクセサリーに使用するのに向いていると言えますが、指輪として持つならサイズを直しにくい点があるので気をつけましょう。

 

14K

14Kの金の含有率は58%です。

金の他に、銀・銅・パラジウムが混ざっている場合が多いです。18Kよりも壊れやすい特徴があるので、アクセサリーとして持つなら丁寧に扱うようにしましょう。輝きも弱く、手入れを怠ると変色しやすい傾向があります。

 

18K

18Kの金の含有率は75%です。

金の純度が比較的高めとなるため、アレルギーも起こしにくい特徴があります。ブレスレットやネックレスとして使用するのにおすすめです。耐久性にも優れているので、定期的に手入れをおこなうと、長期に渡り愛用できます。

 

24K

24Kの金の含有率は100%です。

日本では純度99.99%以上のものが分類されています。性質は18Kよりも柔らかい特徴を持ちます。アクセサリーより、金の延べ棒やインゴットとして使われることも多いです。10K、14K、18K、24Kの中で、価格も一番高いです。もちろん、売りたい場合であっても、高価買取が期待できます。

 

大阪で金の買取・査定をご検討の方はこちらへ

 

イエローゴールド

イエローゴールドは、金・銀・銅の含有率が均等に配合されています。

名前の通り、ほのかに黄色く色づいていて非常にオシャレです。お手入れも比較的簡単にできるので、人気が高い一品です。純金よりも色味は上品、控えめな印象を感じられるので、特別な日に使用するのにも向いています。

 

ピンクゴールド

ピンクゴールドは、金に銀・銅が配合されています。

名前の通り、上品なピンク色に輝いているので、特に女性の方に人気が高いです。金の含有率によっても、色に深みが増したり、爽やかな色合いに感じられたりします。どちらかというと銅の割合が多いと、赤みが増しやすいです。しかし、銅の割合が多いほど、湿気や汗により変色しやすいので気を付けましょう。ピンクゴールドの指輪も人気が高いアイテムと言えます。

 

グリーンゴールド

グリーンゴールドは、金に銀を配合して作られています。

名前の通り、ほのかな緑色をしており、ハイセンスな印象を受けます。イエローゴールドのアクセサリーが肌に馴染まない方が手に取りたいアイテムです。グリーンゴールドは取り扱う店舗が少ないため、買取に出すなら査定額アップも期待できるでしょう。

 

ホワイトゴールド

ホワイトゴールドは、金に銀・パラジウムの白い金属が含まれている特徴があります。

名前の通り、白く輝きを放っているので、プラチナと似ていると感じる方も多いでしょう。それもそのはず、パラジウムはプラチナと同様の白金属でできています。耐久性にも優れているので、リング、ブレスレットなどに使用するのがおすすめです。上品な印象を感じられるので、幅広い世代を超えて愛されています。

 

金の種類を決める純度とは?

金の割合が高いほど、純度も高いです。金の重量は「K」カラット(karat)の表記となります。

日本では金の純度が99.999%を超えるものが24Kとなります。

海外では、金の純度が99.9%を超えるものが24Kです。また、金は柔らかい性質を持つため、純度が高いとそアクセサリーにはあまり適していません。18Kくらいが、宝飾品として使用するのに向いています。金に銀や銅を混ぜてイエローゴールド、ピンクゴールドとして活用する方法も挙げられます。金の純度が高いほど、売りに出す場合、高価買取が期待できるでしょう。しかし、ハイブランドのアクセサリーは付加価値があるため、18Kでも24Kに劣らない買取価格がつけられる場合もあります。

 

まとめ

金の種類は含有率により「10K」「14K」「18K」「24K」などにわけられます。

銀や銅を配合して、ピンクゴールド、イエローゴールドと色味の特徴を変えることもできます。24Kが一番金の純度も高いので、売りたい場合、高価買取が期待できるでしょう。

「大判小判」は、金買取に強い買取サービスです。

催事買取・出張買取・宅配買取など、自分に合う方法から査定に出すことができます。1点1点丁寧に査定するため、思わぬ臨時収入を得られる可能性もあります。今回の記事では、金の種類についてご紹介いたしました。ぜひ、お手元に使う機会がない金をお持ちの方は弊社に一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

金の買取・査定依頼はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る