お役立ち情報

50代から始めたいアクセサリー断捨離|断捨離手順や後悔せずに手放す方法

50代になるとプライベートの時間が確保しやすくなり、たくさんあるアクセサリーを断捨離したいと考える方もいるでしょう。使わないアクセサリーを手放せば、家の中をすっきりさせられ、残ったアクセサリーを大事に取り扱えるようになります。

本記事では、アクセサリーの断捨離手順や後悔せずにアクセサリーを手放す方法をご紹介します。残しておくべきアクセサリーの特徴や50代で断捨離したほうがいい理由も説明しているため、参考にしてください。アクセサリーの断捨離を50代の間に済ませ、家をすっきりさせましょう。

目次

50代でアクセサリーを断捨離した方がいい理由


50代に突入したら、家にあるアクセサリーを断捨離する最適なタイミングです。50代でアクセサリーを断捨離した方がいい理由は、3つあります。

●子育てがひと段落して時間的余裕がある
●バブル時代のアクセサリーが高く売れる
●60代以降になると断捨離する体力や判断力が低下する

理由を知って、前向きに断捨離に取り組みましょう。

子育てがひと段落して時間的余裕がある

50代は、子どもが独り立ちしたり結婚したりして、ライフスタイルが大きく変化するタイミングです。子どもの面倒を見る必要がなくなり、プライベートに時間的余裕が出てきます。

アクセサリーの処分のタイミングは難しく、購入したりプレゼントされたりしたアクセサリーをすべて残している方も少なくありません。断捨離をするにはある程度時間がかかるため、時間的余裕ができたタイミングで手をつけましょう。

バブル時代のアクセサリーが高く売れる

近年貴金属の買取金額が右上がりとなっているため、アクセサリーを売却するタイミングとして適しています。

50代の方のなかには、バブル時代にたくさんのアクセサリーやジュエリーを購入していた方もいるでしょう。値段が上がっているゴールドやプラチナを今のうちに売ってしまえば、ほかの欲しいものを新たに手に入れられます。

60代以降になると断捨離する体力や判断力が低下する

60・70代になってから断捨離をしたくても、体力的にしんどくなって手がつけられなくなるかもしれません。年を重ねると判断力も衰え、大事にしたいアクセサリーを間違って処分してしまう可能性もあります。体力的にも時間的にも余裕のある50代のうちにできることをやっておきましょう。

アクセサリーを断捨離する手順

断捨離しようと思ったら、すぐに行動しましょう。「面倒臭い」と、あと回しにしてしまうと、手を付けるタイミングを逃してしまいます。断捨離する手順は、以下の通りです。

●家中のアクセサリーを集める
●1つずつ手に取って今後も使うかどうか判断する
●不要なアクセサリーを手放す
●残すアクセサリーを収納する

手順ごとに詳しく確認しましょう。

家中のアクセサリーを集める

まずは、家にあるアクセサリーをすべて1ヶ所に集めましょう。捨てるつもりのないものも一度出してください。1ヶ所にすべて集めれば、どれほどのアクセサリーが家にあるのかを確認できます。同時にどれほどのアクセサリーを残したいか、保管場所のスペースに合わせて考えておきましょう。

1つずつ手に取って今後も使うかどうか判断する

集めたアクセサリーを1つずつ手に取って、残すものと処分するものを分けましょう。残す判断・処分する判断の基準は、以下を参考にしてください。

残す基準
  • 現在も使っている
  • 使うシーンが思い浮かぶ
処分する基準
  • 劣化・破損している
  • 3年以上使っていない

どうしても処分する判断ができない場合は、保留にしていてもよいでしょう。そのあと1年経っても使わなかったら処分の判断をし、家の中をすっきりさせましょう。

不要なアクセサリーを手放す

処分すると判断したアクセサリーは手放しましょう。処分する際には、以下のような方法があります。

●売却する
●リサイクルに出す
●使ってくれる方に譲る
●ゴミとして捨てる

ゴミとして捨てると「もったいない」といった気持ちが働いて処分に躊躇してしまうかもしれません。手間や費用、時間などを考慮して、最適な方法を選びましょう。

残すアクセサリーを収納する

残すと決めたアクセサリーは場所を決めて収納しましょう。どこになにがあるかを明確にしておけば、使いたいときに出てこなくて似たようなアクセサリーを買ってしまう事態を防げます。

また、収納スペースに収まらない量のアクセサリーを買わないと決めておくと、何度も断捨離をせずに済みます。

残しておくほうがいいアクセサリーの特徴

残しておいたほうがいいアクセサリーの特徴は、以下の3つです。

●冠婚葬祭用のアクセサリー
●身につける機会のあるアクセサリー
●クリーニング・修理してでも使いたいアクセサリー

3つの特徴を参考にして、断捨離をするときの判断材料にしてください。詳しく確認しましょう。

冠婚葬祭用のアクセサリー

使用する機会が少なくても、冠婚葬祭用は今後も出番がある可能性が高いため残しておきましょう。特に、パールネックレスはどのシーンでも活躍するアクセサリーの1つです。

断捨離してしまうと、次の冠婚葬祭時に新しいアクセサリーを買わなければなりません。「もう似合わない」「壊れてしまった」などの理由で買い直す予定がないのであれば、残しておきましょう。

身につける機会のあるアクセサリー

身につける機会のあるアクセサリーは残しておきましょう。例えば、使用頻度は低くても、着物や浴衣用・パーティー用・普段用など、身につけるシーンが具体的に思い浮かぶなら残しておくと活躍してくれます。断捨離しても、また購入する可能性があるため残しておくほうが経済的です。

クリーニング・修理してでも使いたいアクセサリー

状態が悪くなっていても、クリーニングや修理をしてでも使いたいアクセサリーは残しておくと後悔しません。例えば、ネックレスのチェーンが切れたり、イヤリングの金具が取れたりと、長年使っていると壊れてしまう場合もあるでしょう。しかし、費用をかけてでも直して使いたいと思うアクセサリーなら、今後も出番があると想定できます。

後悔せずにアクセサリーを手放す方法

断捨離すると決めても、「捨てるのはもったいない」と処分に躊躇する方は少なくありません。そこで、公開せずにアクセサリーを手放す方法を3つご紹介します。

●買取業者に持ち込む
●ネットオークション・フリマアプリに出品する
●子どもや孫に譲る

あなたが心地よく手放せる方法を選択しましょう。

買取業者に持ち込む

貴金属なら買取業者に持ち込んで買い取ってもらいましょう。持ち込むだけで専門の鑑定士が査定して買取金額を提示してくれます。ブランド品であれば高価格でも買取も期待できます。

 
まとめ売りすると査定額がアップしやすいため、断捨離する際はまとめて持ち込みましょう。

ネットオークション・フリマアプリに出品する

ネットオークション・フリマアプリでも、アクセサリーは売れます。特に有名ブランドは、売れる可能性が高いです。出品のために写真撮影や商品説明の入力作業、発送作業に手間と時間がかかるものの、負担に感じないのであれば誰でも売却できます。

ただし、出品してもなかなか売れない場合もあるため、3ヶ月以内に売れなかったら別の方法で処分すると限を決めておきましょう。

子どもや孫に譲る

子どもや孫とあなたの好みが似ているなら、譲ることも検討しましょう。子どもや孫に使ってもらえるのであれば、納得して手放せるのではないでしょうか。使いやすいようにリメイク・リフォームも選択肢の1つです。例えば、以下のようなアイディアを参考にしてください。

●2連のパールネックレスを2つに分けて2人の娘に分ける
●ルビーの指輪をネックレスにリメイクする
●エンゲージリングを娘のサイズに作り直す

タンスの奥に眠っているアクセサリーを家族に引き継ぎ、新たな持ち主の元で輝かせましょう。

50代でアクセサリーを断捨離して家をすっきりさせよう

50代は、アクセサリーを断捨離する最適なタイミングです。子育てが終わり、時間的体力的に余裕が生まれるため、今まで手をつけていなかった断捨離を始めやすいです。

断捨離をする際は、今後も使うかどうかを軸に必要なものだけを大切に残しましょう。不要だと判断したアクセサリーを買取業者やフリマアプリ、ネットオークションで売却すれば現金が手に入り、子どもや孫に引き継げば納得して手放せます。

もし、昔の物を売却したいのであれば、ぜひ弊社「大判小判」をご活用ください。査定のみのご依頼もお引き受けいたします。お気軽にお問合せください。

Q:50代でアクセサリーを断捨離した方がいい理由は?
A:「子育てがひと段落して時間的余裕がある」「バブル時代のアクセサリーが高く売れる」「60代以降になると断捨離する体力や判断力が低下する」の3つが挙げられます。

Q:後悔せずにアクセサリーを手放す方法は?
A:「買取業者に持ち込む」「ネットオークション・フリマアプリに出品する」「子どもや孫に譲る」の3つの方法なら気持ちよく手放せます。

フリーダイヤル

地金価格 2024/2/20 09:30発表(日本時間)

10,653円/g
前日比+3円/g
119.46円/g
前日比-2.42円/g
Pt
4,701円/g
前日比-56円/g
Pd
4,758円/g
前日比-49円/g

最近の記事

買取実績

  1. ルイヴィトン タイガラマ メッセンジャーPM M30233
  2. ROLEX デイトジャスト16233 コンビ  T番 SS/YG AT
  3. ChristianDior トロッター ミニボストンバッグ オールドヴィンテージ
  4. ルイヴィトン ポルトフォイユ・クレマンス M63920
  5. ルイヴィトン モノグラムグラフィティ スピーディ30
  6. ブルーサファイアネックレス
  7. GUCCI ソーホー トートバッグ
  8. ブルーサファイアイヤリング
ページ上部へ戻る