お役立ち情報

切手を高く売るコツとは?ポイントを押さえて査定に出そう

切手

切手を高く売るコツを押さえておくと、査定額アップが期待できますね。いらない切手がたくさんある方は必見です。

今回の記事では、切手を高く売るコツ、高く売れやすい切手の特徴についてご紹介いたします。

ぜひ、処分したい切手がある方は参考にしてみてください。

 

切手を高く売るコツとは?

ここでは、切手を高く売るコツについてご紹介いたします。ポイントをしっかり押さえておきましょう。

切手の買取相場を把握しておく

切手の買取相場を把握しておくことです。目安の金額を知ると、買取金額が高いか安いか瞬時にチェックできます。

安く買い叩かれることを防ぐメリットもあります。データを知っておくと、金額交渉にも役立ちやすいです。

自身の持っている切手の買取相場を、ネットで検索していきましょう。

 

保存状態を良くする

切手の保存状態を良くすることも、高く売るコツです。汚れが目立つと査定面にマイナスに響くため、綺麗に整えていきましょう。

保存年数が長いと、ホコリが付着することも多いです。切手に直に触れると、皮脂がつきやすく、劣化を早める原因につながります。

そのため、ピンセットなどの道具を用意して汚れを取り除くことをおすすめします。

ただし、やりすぎると切手が破けることがあるので注意してください。

 

白い耳は取らない

未使用の切手の場合、白い耳の部分は取らないことです。

残しておいた方が査定額アップが期待できます。例え汚れがついていても、そのままにしておきましょう。

 

シート切手は切り離さない

シート切手は切り離さず、そのまま査定に出すのも高く売るコツです。

バラよりも品質が良いと見なされ、高く買い取られやすいです。また、一枚でも欠けている部分があるならバラ扱いになることがあります。

古い切手であるほど、少しの力で切り込みが入ってしまうため丁寧に扱いましょう。

 

バラ切手は台紙の上に貼る

バラ切手を売りたい場合、台紙の上に貼るのも高く売るコツです。料金別納郵便の支払いに使えるため、一定の需要があります。

バラ切手を台紙に貼る方法は以下となります。

①A3のコピー用紙を用意する

②10列×5行でバラ切手を貼り付ける

③よく乾かす

④右下に額面×枚数=合計金額を記入する

なお、バラ切手を台紙の上に貼るときは、破れないように丁寧におこなってください。

 

種類ごとにまとめる

切手は種類ごとにまとめておくと、高く売れやすいです。

査定する側としても見やすくなるため、印象が良くなります。店頭買取・出張買取を利用する場合、査定の時間短縮にも一役買いやすいです。

また、切手の種類ごとに何枚あるか把握しやすくなるメリットもあります。

 

切手の買取専門店に依頼する

切手の買取専門店に依頼するのも、高く売るコツです。

価値がわかる方に見てもらえるため、査定額アップが期待できます。特化していない買取店では、貴重な切手も安い買取価格をつけられる場合があります。あとで高価買取が期待できる切手とわかっても後の祭りです。

「大判小判」も切手の買取に特化している、高価買取専門店です。1点1点丁寧に査定しておりますので、安心してご利用ください。

買い取ってもらう店をしっかり選ぶことも、高く売れるコツの1つです。

「切手の買取なら大判小判へ」

 

高く売れやすい切手の特徴とは?

ここでは、高く売れやすい切手の特徴についてご紹介いたします。お手持ちの切手と照らし合わせてみてください。

発行年が古い

1つ目は、発行年が古い切手です。

プレミアがついていることが多いため、高く売れる期待があります。昭和30年代後半から切手ブームがはじまりました。

その頃の切手を持っている場合、査定に出すと思わぬ価格がつくことがあります。

 

希少性が高い

2つ目は、発行枚数が少ない、希少性が高い切手です。持っている人が少ない事実により、1枚のみでも高値がつきやすいです。

「桜切手 過渡期和紙 カナなし 30銭」は170万円の買取価格がつく場合もあります。

 

中国切手

3つ目は、中国切手です。

1970年前後「文化大革命」により、切手の使用目的以外の用途は禁じられていた時代背景があります。

そのため、1枚持っているだけでも高値がつきやすいです。コレクターでも、喉から手が出るほど欲しい方も多いと言えます。

 

まとめ

切手を高く売るコツを押さえておくと、査定額アップが期待できます。相場を知っておくと、金額交渉もおこないやすくなります。

保存状態を整えることも大切です。また、同じ種類のバラ切手が複数ある場合、台紙の上に丁寧に貼ることをおすすめします。

一定の需要があるため、そのまま出すよりも高値がつきやすいです。

今回の記事では、切手を高く売るコツ、高く売れやすい切手の特徴についてご紹介いたしました。

ぜひ、使う予定のない切手をお持ちの方は「大判小判」に一度査定に出してみてはいかがでしょうか。無料で査定を行なっておりますので、お近くの催事場もしくは出張買取、宅配買取にて査定をご依頼ください。

 

催事場を探す

 

関連記事

ページ上部へ戻る